修理の腕や交換パーツはメーカーとそこまで変わらない!?

正規店と非正規店の違いはお墨付きの有無

iPhoneは日本国内で最も普及をしているスマートフォンと言う事もあり、修理を必要とする人の数も相対的に多い傾向にあります。さらに、iPhoneは全面液晶ガラスが使われている為、動作に支障はないけれど、液晶ガラスが割れてしまったので修理に出すと言うケースが少なくありません。そのため、iPhoneの修理は正規の修理店だけではカバーしきれない程の需要があります。これにより、街で気軽に利用できる非正規の修理店の存在が欠かせないものとなっています。そもそも、正規店と非正規店の違いは、メーカーのお墨付きがあるかないかの違いと言えるでしょう。正規店であれば、メーカーが認めたiPhoneの修理に関する技術やパーツを用いた修理を受ける事が出来るのです。

コストパフォーマンスの良い修理先

非正規店はお墨付きが無いから、修理のクオリティが低い訳ではありません。非正規店もしっかりと自社の基準も設けて丁寧な修理対応を行っています。中には、正規店並み、あるいはそれ以上にきめ細かく修理を行う業者もいるなど単純に正規店が良くて、非正規店は劣ると言う図式は成立しません。また、修理の質だけでなく、修理に使用するパーツも純正のパーツと同質のパーツを使用している業者もあるなど、修理の腕や交換パーツはメーカー、もしくは正規店と遜色が無いケースもあるのです。修理をしたいけれど、近場に正規店が無くて、途方に暮れていたと言う方も一度、非正規店もチェックをしてみるのが良いでしょう。信頼できる業者を見つけられれば、コストパフォーマンスが良い修理を受ける事が出来ます。

壊れてしまったiphoneの修理を吉祥寺で解決しようとするなら、小さなお店のほうが小回りもきいて、安く済むことが多いです。

© Copyright Ask To Repair iPhone. All Rights Reserved.